ガシファイアー導入について


天の川温泉では木質バイオマスボイラー「ガシファイアー」を使いお湯を温めています。
ガシファイアーは木材のペレットやチップへの加工は不要で、木材をそのまま投入することが可能です。
これまでは「廃棄物」として処理されていた間伐材、剪定枝、廃材などが、再生可能エコエネルギーとして利用できます。
その反面、温度管理の難しさ、薪の調達方法や価格など、様々な課題も有しています。
山と温泉共同事業体では温浴施設を運営するリアルな現場から「薪ボイラー」の運用報告をしてまいります。


研究報告 LABO REPORT

山の湯の事業モデル「里山と暮らし」の関係についての研究レポート。

2017.06.16 ダイハツビジネスフェアに出展いたしました
2017.04.27 ガシファイアー導入について