天河大辯財天社


天の川温泉から徒歩5分。
日本三大辨財天の一つに数えられる神社「天河大弁財天社」。



奈良県有数のパワースポットとしても知られており、
この天河神社(天河大弁財天社はこう呼ばれ親しまれています)
を目指して天川村を訪れる方も多いのではないのでしょうか??


芸能の神様としても知られ、現在も芸能関係の方が多数参拝にいらっしゃるそうです。






能舞台が設けられた拝殿は、神秘的で厳かな雰囲気を漂わせます。
拝殿の中央を見ると、そこにはとても特徴的な鈴が。
これが天河神社に古くから伝わる神器「五十鈴(いすず)」です。

 
【五十鈴とは】   天河大辯財天社HPより抜粋 天照大御神が天岩屋戸にこもられたとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、
ちまきの矛(神代鈴をつけた矛)をもって、岩屋戸の前にて舞を舞われ、
神の御神力と御稜威をこい願われたことによって、岩屋戸が開かれ、
天地とともに明るく照りかがやいたという伝承に登場する、天宇受売命が使用した
神代鈴と同様のものであると伝えられています。
 

"縁がなければ、たどり着けない場所"とも言われる天河神社。



 

美しい空気と、緑に囲まれた神秘的な神社が、
訪れた参拝客を優しく出迎えてくれます。

 

天河大辯財天社

奈良県吉野郡天川村坪内107




 一覧を観る


研究報告 LABO REPORT

山の湯の事業モデル「里山と暮らし」の関係についての研究レポート。

2017.06.16 ダイハツビジネスフェアに出展いたしました
2017.04.27 ガシファイアー導入について